creationsbylyndaの30overブログ

creationsbylyndaの30overブログ

ジェルネイルキット|安いのがいいの?高いのがいいの?

安いの?高いの?

Eternal Basicのジェルネイルキットを使っていました。値段も6,000円以下で安かったです。初めて買ったネルネイルキットだったので、当時は良し悪しがまだわかりませんでした。
「こんなもんなのかな。」
程度の考えでした。
でも、使っていくうちにデメリットが浮き彫りになってきたのです。

 

 

「ペンライト型のLEDライトなので、指を1本ずつでしか硬化できないので結構時間がかかってしまう。」

 

セフルでやる前はよくネイルサロンでやってもらっていたので、サロンみたいに指を片方全部突っ込んで硬化できるLEDライトの方が楽でいいなって思いました。このEternal Basicのキットは1年もしないうちに次のものに変えました。

 

 

次に買ったのが、シャイニージェルのキット。
数年前にシャイニージェルのジェルネイルキットを購入。値段は確か1万円もしなかったような気がします。Eternal Basicよりは使い勝手は良かったのですが、やっぱり使っていくと「使いにくいなっ!」て思うところが出始めたのです。

 

 

以前にEternal Basicのジェルネイルキットを使っていてLEDライトがペンライト型だったので、次は片方の指が全部突っ込めるドームの形をしているLEDライトを選びました。最初は片方の指が全部突っ込んで硬化できるのでめちゃくちゃ楽だなって思っていたのですが、使っていくうちにちょっとしたイライラがあったのです。

 

 

それは、シャイニージェルのジェルネイルキットは種類がいくつもあって選ぶキットによって値段がピン切りなのです。私のジェルネイルキットみたいに1万円以下で買えるジェルネイルキットもあれば1万円以上もするジェルネイルキットもあるのです。安いキットだとネイル用品の数とかカラージェルの数とか違うし、LEDライトのワット数が違うものもあったのです。私のキットはLEDライトの波長が低いものだったので、硬化時間が長くてイライラしてきちゃったのです。説明書には数分で硬化できますとか書いてあるのですが、5分くらい待たないと硬化してくれないのです。意味不明・・・。

 

 

それに、カラージェルも他メーカーの物をチョイスしていたので、相性も悪かったのかもしれません。友達に聞くと安いカラージェルはあまり選ばないほうがいいみたいなのです。爪にもあまり良くないみたいですし同じメーカーのジェルとLEDライトを使わないと私みたいに硬化時間が遅くなるデメリットもあるそうなのです。

 

 

LEDライトの波長は405nm(ナノメートル)くらいのLEDライトを選ぶのが無難です。ほとんどの有名ジェルネイルメーカーのLEDライトの波長は約385〜415nmで「可視光線」と言う波長に分類されるみたいです。波長が400nm未満のLEDライトは”紫外線波長”と言い「UV-LEDライト」などと呼ばれているみたいですよ。だから、今持っているジェルが全然硬化できないって言う人は多分LEDライトの波長が合っていないかと思われます。

 

 

安いものはそれなりに理由があるので、今までセルフでジェルネイルをしていた私にしてみれば安すぎるジェルネイル用品は買わないようにしています。買うのであれば、ちょっと値段の高いジェルネイルキットを選ぶようにしています。ブランドだから高いって言うのは抜きで、爪に優しくて使い勝手が良い、成分も安心できるものを選ぶようにしているのです。そんなジェルネイルキットなどは値段も安くはないと思います。

 

 

 

私のiphone6 Plusが割れてしまった!

iphone6 Plus割れた

最近のマイニュースでここ数年の間でもトップ3に入るくらい最悪なニュースがありました。

 

「iphoneの画面が割れた・・・。」

 

今私の愛用しているiphone6 Plusの画面はクモの巣みたいなデザインのひび割れになっています。角から「ぴしーっ!」とフロント画面にひび割れが入っちゃっているのです。

 

なぜそうなってしまったのか?

 

早い話、よくある「地面に落としてしまったから」です。
いつものように買い物へ出かけようと思っていたときでした。玄関の鍵を閉めて車へ乗ろうと思った矢先でした。突然のゲリラ豪雨・・・!?その日は晴れていて洗濯物も干して出かけようと思っていたのです。雨が突然降り出してきたのでダッシュで洗濯物を取り出さないといけなかったくらい雨が降っていたので、車から降りて玄関の鍵をポケットから出そうと思ったときでした。鍵と一緒にiphoneも一緒にポロッと出てしまったのです。あの瞬間はスローモーションでしたね。

 

「あっ!!」

 

と思ったのも束の間。
気付いた頃にはもう私のiphoneは地面に叩きつけられていたのです。

 

「・・・・・最悪だ。」

 

「iphoneの画面が無事ならいいけど。」

 

落ちたiphoneは裏側になっていてフロント画面が割れたのか割れていないのかすぐにわかりませんでした。恐る恐るiphoneを取ってみると案の定”iphoneの画面にひび割れ”が出きていました。
当時はショックを隠しきれませんでした。iphoneを落とした時もあったのですが、画面は無傷な時が多かったので今回も割れないだろうと思っていたのです。
でも割れてしまった。

 

 

iphoneが割れた後の1週間くらいはずっと引きずっていました。よくiphoneの画面は割れやすいと周りで言っていたのがよくわかりました。やっぱり強化ガラスを採用していると画面のキズには強いのですが、衝撃には弱い事がわかりました。
ずっと引きずっていては仕方がないので「どこで修理をしてもらうか?」考えました。

 

今の現状としては、私の契約は以下の通りです。

 

AppleCare+には未加入
ソフトバンクで「安心保証パック」は契約済み

 

iphoneアプリの「マイソフトバンク」で何が契約しているのか確認していた所、外部損傷が約90%割引できる「安心保証パック」が付いていたのです。
これを見たときには「助かった!!!」そう思いました。

 

 

この安心保証パックは最初に全額修理費用を支払うのですが、ソフトバンクの月額使用料から修理費用の90%分を月々に換算して割り引いてくれるのです。

 

なので、

 

「実質は90%分は保証してもらえた!」

 

そういうシステムなのです。

 

 

ちなみに、私の旦那は契約していなかったので、修理費用がすべて実費なのです。私のiphoneの画面が割れる前に割ってしまった事があって、AppleCare+にも加入していない。ソフトバンクの安心保証パックにも加入していなかったので、iphone専用の修理業者でひび割れを直してもらったのです。その時には旦那もiphone6 Plusを使っていて、その修理費用は「19,500円」くらい支払ったと思います。

 

年々、新型のiphoneが出るに連れて前作のiphone達は修理費用が安くなっていっているのが現状です。当時は新作が「iphone6s Plus」だったので若干修理費用も安くできたのですが、それでも19,500円は高いですよね。

 

もし、次に新しくiphoneを替える際にはAppleCare+かキャリアでの保証に加入しておかないとダメだなって思いました。痛い目に遭うと嫌ですからね。

 

参考記事:iphone修理安い.biz


ホーム RSS購読 サイトマップ